組織診断で客観的に内情を把握することも大事

婦人
電話する女性

POSによる無駄の解消

美容系のサービスでは高額商品を扱うので在庫を抱えすぎないように在庫管理をPOSによって行うと良いでしょう。顧客と施術の関係や販売商品との兼ね合いも考慮したシステムを組み上げるために業者によく相談することが大切です。

笑顔の男性

マニュアル作成に便利

企業においては、社内で様々なツールを活用したり、手順を明確化しておきたいものも多い。これらについて、マニュアル作成ソフトを活用しマニュアル作成することで効率化できる。動画を組み込んだり、音声を活用し作成できるものなどがある。

ミーティング

手形に代わる新サービス

「でんさい」とは手形に代わる新たな金銭債権のことで、従来の手形や指名債権のさまざまな問題点を、電子データによる保存や送受信に置き換えることで克服し、債権の発生や譲渡をよりスムーズに処理できるようにしたものです。

利益を出し続けるために

オフィス

有効な課題発見ツール

企業が発展していくために必要なことは、課題を見つけることです。どんなに成功している企業でも、次にどうのようなことをしなければならないかということを考え続けなければなりません。企業の存在理由は、利益を継続的に追及することだからです。課題を見つけるには、様々な視点から組織を見る必要があります。社員のモチベーションについてや業務の優先順位、各部門同士の効率化などです。企業の課題を発見するツールの一つとして用いられるのが組織診断です。組織診断は、組織を構成する人の意識や行動実態を把握することで組織に変革をもたらすものです。課題を特定するだけでなく、その解決策やフィードバックすることまでについて考えます。組織診断を行うには、まず組織におけるハード面とソフト面について考えます。ハード面とは組織構造や仕組み、事業計画などのことです。一方でソフト面は企業風土や価値観、人材そのものについてのことです。企業を活性化させるには、ハード面とソフト面の両方を改善させる必要があります。組織診断の流れとしては、まず社員に聞き取りを行います。実際に働いている人がどのように考え仕事をしているのかということを、アンケートやヒヤリングをすることで把握します。集めた社員の声を分析し、課題を見つけ出します。そして課題解決方法を考え、実行するのです。組織診断において大事なことは、正しく社員の気持ちを把握することです。正しく把握するためには、聞き取り調査を匿名化する必要があります。