組織診断で客観的に内情を把握することも大事

男性

手形に代わる新サービス

ミーティング

どんなことができるのか

「でんさい」とは、正式には「電子記録債権」と言い、全国銀行協会の電子債権記録機関のネットワークのことです。煩雑な事務手続きや、印紙代が必要など、手形発行に伴うさまざまな問題点を克服した、新たな金銭債権そのものの名称となります。電子という名前がつくため、手形や指名債権を電子化したものという勘違いをすることが多いのですが、じっさいには、債権の発生や譲渡を「でんさい」の記録原簿に電子的に記録することで、よりスムーズな処理を可能にすることを目的としています。「でんさい」の特長は、そのまま電子記録による特長と一致します。たとえば、紙の手形の場合、作成や交付、保管にコストが必要で、かつ盗難や紛失のリスクがありますが、「でんさい」では電子データの送受信方式による管理となるため、そうしたコストやリスクを回避することができるうえに、従来の手形では不可能だった分割も可能となります。また、債権譲渡に関しては、これまで二重譲渡が生じたり、債権の対象そのものが存在しなかったりといった問題が発生しましたが、「でんさい」であれば、電子データによる債権の存在や帰属も可視化できるため、そうした心配も不宵になります。「でんさい」は、あくまで手形に代わるものとして利用されることを目的として作られたものであり、中小企業の資金調達をより円滑に進めることができるという特長のほか、全国の銀行協会のネットワークを利用するため、信頼と安心を担保できるというメリットもあります。